準備中・・・国内講演論文

1. 春日井良和,中田崇行,松田弘成, “光の屈折を適用した画素ずらし法による高解像度画像の研究,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
2. 中秀公,中田崇行,松田弘成, “周波数変換を利用したアフィン及び位置不変な図形認識,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
3. 中村一哉,中田崇行,松田弘成, “花壇への出力を目的としたQR コードの特徴に関する検討,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
4. 瀧日徹雅,松田弘成,中田崇行, “波長選択型多波長光源モジュールを用いたデジタル放送信号伝送技術の研究,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
5. 川口健一,松田弘成,中田崇行, “TV会議の応用を目的とした回線交換型ネットワークの構築に関する研究,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
6. 瀧田浩史,松田弘成,中田崇行, “エルビウムドープ光ファイバアンプと半導体光増幅器の特性評価,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
7. 中川雅史,松田弘成,中田崇行, “ダイオードプリディストータを用いたレーザーダイオードの非線形性補償,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
8. 新井 達也,松田弘成,中田崇行, “アナログ伝送用DFB-LD モジュールを用いた伝送品質の評価,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
9. 牧野万里夏,松田弘成,中田崇行, “波長選択型多波長光源を用いた光伝送の品質改善,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
10. 中崎浩志,松田弘成,中田崇行, “VIDラベルを用いたPCスイッチの分散処理方式の研究,” 平成21年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2010
11. 春日井良和,中田崇行,松田弘成, “二重独立回転ガラス板を用いた高精細画像作成法,” ADVANTY2009, 大阪産業大学, Dec. 2009
12. 牧野万里夏,中田崇行,松田弘成, “波長選択型多波長光源の動作検証,” 平成21年度電気関係学会北陸支部連合大会,Sep. 2009
13. 春日井良和,中田崇行,松田弘成, “二重回転ガラス板による画素ずらし法を用いた高精細画像作成法,” 平成21年度電気関係学会北陸支部連合大会,Sep. 2009
14. 春日井良和,中田崇行,松田弘成, “二重回転ガラス板を用いた高精細アダプタの設計及び同アダプタを用いた研究,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
15. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成, “2次元CAD建築図面に対する管種適応配管量自動測定システム,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
16. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成, “円錐鏡を用いた距離測定と誤差の補正,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
17. 森美奈子,松田弘成,中田崇行, “ファイバーブラッググレーティングを用いた光スイッチング回路構成技術の研究,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
18. 瀧日徹雅,松田弘成,中田崇行, “光ネットワークインターフェースボックスを用いたデジタル放送信号伝送技術の研究,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
19. 在澤幸祐,松田弘成,中田崇行, “トラフィックシェーパを用いた帯域制御技術の研究,” 平成20年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2009
20. 中田崇行,顧飛,包躍,“一台のカメラと回転ミラーを用いた自由三次元視点画像の生成,” 画像電子学会 第240回研究会,名古屋,Oct. 2008.
21. 春日井良和,中田崇行,松田弘成, “光の屈折を用いた高精細画像実現法,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-27, Sep. 2008.
22. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成, “円錐鏡面からの光の反射特性を用いた距離測定,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-26, Sep. 2008.
23. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成, “Jw_cad建築図面 伝播優先順位を考慮した配管量自動測定法,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-25, Sep. 2008.
24. 牧野万里夏,松田弘成,中田崇行, “波長選択型多波長光源の高機能化の検討実験,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, D-32, Sep. 2008.
25. 川口健一,中田崇行,松田弘成, “AWAPSにおける帯域制御方式の研究,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-6, Sep. 2008.
26. 井上英典,松田弘成,中田崇行, “波長多重ネットワークを用いた高精細画像処理サービスの配信実験,” 平成20年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-5, Sep. 2008.
27. 安部広, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “レイヤ3-レイヤ1パス間接続を用いたG-WAPSアクセス系構成法,” 信学技報NS2007-145, pp.89-94, Okinawa, Japan, Mar. 2008.
28. 木瀬文子, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPSにおける経路選択型LSP設定方法,” 信学技報NS2007-146, pp.95-100, Okinawa, Japan, Mar. 2008.
29. 稲葉寿征, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPSによるマルチキャスト機能を利用した任意方向観察システム,” 信学技報IN2007-162, pp.19-24, Okinawa, Japan, Mar. 2008.
30. 牧野万里夏,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “波長選択型多波長光源の高機能化の研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
31. 西元久道,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “光回路構成技術の研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
32. 遠海元,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “G-WAPS網における帯域可変制御方式の研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
33. 川口健一,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “VLAN導入型G-WAPSの性能向上の研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
34. 井上英典,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “光カプラを用いた小規模波長多重ネットワークの構築,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
35. 西野泰代,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “光線画像処理による任意方向画像作成アルゴリズムの研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
36. 松本沙耶香,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “任意方向の立体映像作成法の研究,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
37. 春日井良和,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “二重回転ガラス板による高精細画像実現法,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
38. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “Jw_cad建築図面における配管認識アルゴリズム,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2008
39. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “鏡面への反射特性を用いた距離測定,” 平成19年度北陸地区学生による研究発表会,Mar. 2008
40. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “円錐鏡を用いた距離測定,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-12, Sep. 2007.
41. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “Jw_cad における配管量測定法,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-13, Sep. 2007.
42. 内藤宏明,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “DAPDNA によるDP マッチングの高速化についての研究,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-16, Sep. 2007.
43. 安部広, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPS におけるアクセス系のAON 化,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-18, Sep. 2007.
44. 井上英典,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “光カプラを用いた小規模LAN の構成 Small-size and LAN configured on Optical Couplers” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-20, Sep. 2007.
45. 木瀬文子, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPS における冗長型経路選択LSP設定の提案,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, C-21, Sep. 2007.
46. 稲葉寿征,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “G-WAPS によるマルチキャスト機能を利用した全方位画像処理サービスの実現,” 平成19年度電気関係学会北陸支部連合大会, F-53, Sep. 2007.
47. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “魚眼レンズと円錐鏡による円環を利用した距離測定,” 第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007), pp.341-344, Sep. 2007.
48. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “Jw_cadにおける管長・管径検出法,” 第6回情報科学技術フォーラム(FIT2007), pp.237–240, Sep. 2007.
49. 安部広, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPSアクセス系のAON化,” 信学技報 PN2007-19, pp.55–60, Toyama, Japan, Aug. 2007.
50. 木瀬文子, 松田弘成, 中田崇行, 安井直彦, “G-WAPS網における経路選択型LSP設定フローの提案,” 信学技報 PN2007-18, pp.49–54, Toyama, Japan, Aug. 2007.
51. 上之郷卓哉,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “VIDラベル多重を用いたマルチキャスト機能の実現,” 信学技報 NS2006-187, pp.155-160, Okinawa, Japan, Mar. 2007.
52. 鈴木美香,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “魚眼レンズと円錐鏡による距離測定法,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
53. 酒井悦子,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “JW-cadにおける管サイズ検出アルゴリズム,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
54. 稲葉寿征,中田崇行,松田弘成,安井直彦, “G-WAPSにおけるマルチキャストサービスの実現,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
55. 蒲野良隆,安井直彦,松田弘成,中田崇行, “光パケットルータの構成技術,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
56. 庄川政也,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “既存網によるG-WAPSコントロールプレーン実現法,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
57. 井上英典,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “波長多重技術による小規模LAN構成法,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
58. 安部広,安井直彦,松田弘成,中田崇行, “Windows端末のG-WAPS収容法,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
59. 木瀬文子,安井直彦,松田弘成,中田崇行, “G-WAPS網における迂回路算出アルゴリズム,” 平成18年度北陸地区学生による研究発表会, Mar. 2007
60. 西部嘉浩, 中田崇行,松田弘成,安井直彦, “魚眼レンズと円錐鏡を組み合わせた三次元情報取得システムの作成,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2006), Kanazawa, Japan, Dec. 2006
61. 中田崇行,包躍, “ Log-Polar 変換による中心射影図形認識” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2006), Kanazawa, Japan, Dec. 2006
62. 上之郷卓哉,松田弘成, 中田崇行,安井直彦, “G-WAPSアーキテクチャによるMPLSラベルにVLAN IDを用いたインターネットアクセスシステム,” 信学技報 PN2006-118, Nagoya, Japan, Dec. 2006
63. 上之郷卓哉,松田弘成, 中田崇行,安井直彦, “VLANによるG-WAPS網光アクセス系構成法,” 平成18年度電子情報通信学会通信ソサイエティ大会, Kanazawa, Japan, Sep. 19, 2006
64. 宮崎智成, 中田崇行,松田弘成,安井直彦, “全方位画像によるHMD立体視の研究,” 平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2006
65. 西部嘉浩, 中田崇行,松田弘成,安井直彦, “Mirror on Lensによる距離測定,” 平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2006
66. 上之郷卓哉,松田弘成, 中田崇行,安井直彦, “VLAN導入型G-WAPS網光アクセス系の転送性能評価,” 平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2006
67. 村松直幸,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “GMPLS化波長割り当て光交換方式(G-WAPS)監視システムの検討”“Network Management System to maintain reliability and performance of the G-WAPS network,” 信学技報, PN2006, Ishigaki, Japan, Mar. 2006
68. 西部嘉浩,中田崇行,安井直彦,松田弘成, “魚眼レンズと球面鏡による立体視の最適化手法”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
69. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,内藤宏明, “ステレオ視による距離測定法の検討”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
70. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,山本真紀恵, “全方位画像の品質向上”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
71. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,大塚敏真, “線種・線長測定アルゴリズムの開発”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
72. 村山裕章,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “県大学内ネットとG-WAPS とのインターフェース技術”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
73. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,木瀬文子, “ネットワーク形態無依存パス設定アルゴリズム”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
74. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,澤和哉, “G-WAPS 網における端末のWindows 化”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
75. 上之郷卓哉,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “G-WAPS 網アクセス系構成法”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
76. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,岩崎真孝, “G-WAPS における光スイッチ(PSF)の高速化”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
77. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,稲葉寿征, “全方位画像処理によるインターネットサービス”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
78. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,松谷奈央, “HDVを用いたインターネットサービス”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
79. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,吉川友啓, “G-WAPS データプレーン構成法”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
80. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,安部広, “ディジタル信号処理によるスイッチング電源制御法の研究”“,” 平成17年度北陸地区学生による研究発表会, Toayama, Japan, Mar. 2006
81. 中田崇行,包躍, “DPマッチングとLog-Polar 変換による中心射影図形の認識”“Recognition of Perspective Projection Invariant using DP Mathing and Log-Polar Transform,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2005-2), pp.139–140, Kyoto, Japan, Dec. 17, 2005
82. 包躍,服部晋也,中田崇行, “観察者を追尾する立体表示法”“A Stereoscopic Display Tracking Observers,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2005-2), pp.135–138, Kyoto, Japan, Dec. 17, 2005
83. 谷川貴則,稲場寿征,中田崇行,安井直彦, “映像通信による遠隔地任意方向観察システムの構築” 平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 24, 2005
84. 西部嘉浩,中田崇行,安井直彦, “魚眼レンズと球面鏡による立体視(その2)” 平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 24, 2005
85. 上之郷卓哉,松田弘成,中田崇行,安井直彦, “G-WAPSにおけるアクセス系構成法” 平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 24, 2005
86. 包躍,中田崇行,三宅裕志, “ステレオ視による移動マニピュレータの遠隔操作”“Reomote Control of Mobile Mnipulator using Stereovison,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2005-1), pp.135–138, Kyoto, Japan, Jan. 27, 2005
87. 中田崇行,包躍, “Log-Polar変換を用いた中心射影に不変な図形の認識”“Recognition of Perspective projection Invariant using Log-Polar Transform,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2005-1), pp.93–94, Kyoto, Japan, Jan. 27, 2005
88. 包躍,中田崇行,小田裕弘, “単一カメラを用いたステレオ計測システム”“A Streo Measurement System using Single Camera,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2005-1), pp.89–92, Kyoto, Japan, Jan. 27, 2005
89. 松嶋孝広,中田崇行,安井直彦,松田弘成, “全方位画像を用いたステレオビジョンの検討” 2004電子情報通信学会ソサイエティ大会, Tokushima, Japan, Sep. 23, 2004
90. 松嶋孝広,安井直彦,中田崇行,松田弘成, “2地点の全方位画像による中央画像作成の検討” 平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2004
91. 谷川貴則,安井直彦,中田崇行, “全方位動画像に対する正像変換処理に関する研究” 平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2004
92. 瀧田雄司,河村泰之,中田崇行, “USBカメラを用いたプレゼンテーション用インターフェースに関する研究” 平成16年度電気関係学会北陸支部連合大会, Kanazawa, Japan, Sep. 17, 2004
93. 安井直彦,松田弘成,中田崇行,木村義紀, “WAPS光ラベルスイッチルータにおけるソフトウェアアーキテクチャ”“Software Architecture of WAPS Optical Label Switch Router,” 信学技報 PN2004-45, pp.67–72, Hakodate, Japan, Aug. 2004
94. 中田崇行,包躍,藤原直史, “テクスチャ情報に基づく図形の3次元姿勢認識”“Figure Posture Recognition using Texture Information,” 2004年度画像電子学会第32回年次大会, pp.25–26, Tokyo, Japan, June 3, 2004
95. 中田崇行,包躍,赤坂英彦, “弱中心射影変換を利用した図形認識法”“A Figure Recognizing Method using Weak Perspection,” 2004年度画像電子学会第32回年次大会, pp.27–28, Tokyo, Japan, June 3, 2004
96. 包躍,中田崇行,西島拓人, “マークを利用した荷箱の3次元位置姿勢計測法”“A 3D Measuring Method using Load Markers,” 2004年度画像電子学会第32回年次大会, pp.23–24, Tokyo, Japan, June 3, 2004
97. 中田崇行,包躍,藤原直史, “Log-Polar変換を利用したアフィン変換に不変な図形の認識”“Recognition of Affine Invariant using Log-Polar Transform,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2004), pp.77–80, Hiroshima, Japan, Jan. 27, 2004
98. 中田崇行,包躍,赤坂英彦, “二次元パターンの三次元環境内でのパターン認識”“Pattern Recognition in 3D Environment using a 2D Pattern,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2004), pp.117–120, Hiroshima, Japan, Jan. 28, 2004
99. 中田崇行,包躍,西島拓人, “1枚の画像を用いた三次元空間位置姿勢認識”“Detection of Position and Orientation using a 2D Pattern,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2004), pp.125–126, Hiroshima, Japan, Jan. 28, 2004
100. 中田崇行,包躍,藤原直史, “3次元投票を用いた立体の認識”“Detection of Solid Object with Three Dimensional Voting,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2003), pp.111–114, Katayamazu, Japan, Jan. 2003
101. 中田崇行,包躍,赤坂英彦, “1枚のイメージを用いた3次元環境内のパターン認識”“Pattern Recognition in 3D Environment using a 2D Image,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2003), pp.115–118, Katayamazu, Japan, Jan. 2003
102. 小佐古淳,東利英,中田崇行,包躍, “環境ランドマークの生成に基づく移動ロボットの自動走行”“The autonomic running of vehicle using surrounding landmarks,” Advanced Vehicle Automation by New Technology (ADVANTY2003), pp.89–92, Katayamazu, Japan, Jan. 2003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です