全天球カメラによる3Dテレイグジスタンスのため視点内挿

全天球カメラによる3Dテレイグジスタンスのため視点内挿

インターネットや映像機器の高度化に伴い,VR(バーチャルリアリティ) 技術を用いたサービスが展開されることが予想される.これらの技術を用いたテレイグジスタンスがあり,観光や遠隔医療など様々な分野での応用が期待されている.遠隔地へのステレオ画像の提示方法として,ステレオカメラを用いて,頭部回転に従ってカメラを物理的に回転させる方法があるが,遠隔地であればあるほど通信遅延が発生する。全天球画像を用いることで,利用者の首の動きに対して通信遅延を無視した映像提示ができるが,立体視が出来ない問題がある。複数の全天球カメラから撮影された画像からカメラとカメラの間の画像を画像処理によって補間することで、あらゆる視点におけるステレオ画像をリアルタイムに生成する。

  1. 酒井一樹,松田弘成,中田崇行, “複数台の全天球カメラによる低遅延トラッキング立体視テレイグジスタンス,” 平成28年度北陸地区学生による研究発表会,福井高専,Mar. 2017.
  2. 酒井一樹,松田弘成,中田崇行, “全天球カメラによる3Dテレイグジスタンスのための畳み込みニューラルネットワークによる視点内挿,” 平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会, 富山大学, Sep. 2017.(学生優秀論文発表賞 受賞)
  3. Kazuki Sakai, Hironari Matsuda, Takayuki Nakata. “View Interpolation using Neural Network for Fullsphere 3D Telepresence,”IWAIT2018, Chiang Mai, Thailand, Jan. 7-9, 2018.