裸眼立体ディスプレイののための動的画像調整手法と評価

裸眼立体ディスプレイののための動的画像調整手法と評価

本研究では、一般的なディスプレイにレンチキュラレンズを用いた裸眼立体ディスプレイのための精密な動的画像調整手法の開発をする。

現在多くの施設で使用されている裸眼立体ディスプレイだが、表示面積が大きい分、高い精度が要求されるため、物理的な表示位置を正確に調整することは困難とされている。提案する手法では、3次元ディスプレイにおいて、様々な物理条件に合わせてディスプレイの画像の位置を動的に調整することが可能である。特に、従来の手法と比較して、ローカルマッピングによる画質周辺部における映像品質の低下を改善させている。さらに、ローカルエリアごとに同時処理を行うことでキャリブレーションの短縮を実現している。

図1:裸眼立体ディスプレイシステムと校正用カメラ
図2:描画例(左:校正前、右:校正後)