裸眼立体ディスプレイ

裸眼立体ディスプレイ

近年,裸眼立体ディスプレイが普及している.裸眼立体視表示は多くの分野で活用されているが,より一般的な活用のためには,大画面における精密な物理的位置あわせを開発する必要がある.そこで,ソフトウェア処理により,様々な物理的状況に対応したディスプレイ上の表示位置の調整を動的に行う手法を提案した.従来研究に対し,特に画像周辺部における映像品質の低下をローカルマッピング手法により改善させている.同時にキャリブレーションにかかる時間も大幅に短縮した.
ディスプレイの更なる大型化のために任意の枚数のレンチキュラを使用する手法を提案する.何枚かのレンチキュラを張り合わせることで,1枚板のレンチキュラを用意できない大型のディスプレイでも裸眼立体視ができることを示す.
レンズシートごとに個体差があり,測定範囲が複数のレンズをまたいでいるとその範囲の調整は正しく行うことができない.そこで境界付近の測定を回避するか,境界付近の測定の影響を小さくすることでこの問題を回避する.
これによって街頭の広告で使われるような大型のディスプレイにも容易に裸眼立体ディスプレイを導入することができる.