投稿者: 中田研学生

振動合成を用いた仮想力覚提示装置の2次元化手法に関する研究

触覚とは,皮膚に物体が触れた際に感じる感覚全般を指し,物体の形状やテクスチャ,弾力などのあらゆる情報を認識することができる.これを利用し,振動や筋電位などの代替となる刺激を用いて,人間に力覚を錯覚的に知覚させる技術である…
続きを読む

視線推定のための深度センサによる上半身姿勢角を用いた頭部方向算出

視線情報は人の興味関心などを含んでいると考えられており,視線情報を推定する研究がなされている.眼球画像を使用した視線推定では,精度が高い反面, 使用条件が限られているため,人の関節方向を使用した視線推定の研究が行われてい…
続きを読む

インタラクティブアートのための投影計測パターン隠ぺい方法の提案

本研究では、カメラとプロジェクターのみを用いて、カメラの解像度が許す限りスケール可能なインタラクティブアートのための測距システムを開発する。酒井らは空間コード化法を用いて、インタラクティブアートなどのコンテンツに対して測…
続きを読む

非接触センサによる顔特徴量を用いた心的飽和推定

近年,センサから得られる生体情報を基に,興味・関心などといった感情の推定を試みる研究がなされている.生体情報をもとに感情の定量化を行うことで,従来のアンケート評価による曖昧さ,煩わしさを取り除くことができる利点がある.し…
続きを読む

屋外環境で使用可能な小型カメラを用いた頭部方向推定

自然体験学習を始めとする屋外教育では,体験プログラムを通して学習者の心情がどのように変化したか評価することはプログラムの改善や指導者育成において重要である.我々は体験学習中の学習者の頭部方向を時系列的に計測することで,時…
続きを読む

大画面ライトフィールドディスプレイのための積層ペッパーズゴースト方式の開発

本研究は、重畳型圧縮ライトフィールドディスプレイとペッパーズゴーストの技術を組み合わせた裸眼立体ディスプレイ構成と映像の動的な調整手法を提案する。今日、様々な方式の裸眼立体ディスプレイが開発されているが、大型化に向かない…
続きを読む

屋外教育における頭部角速度を用いた学習評価手法の提案

環境教育の現場において,子供の学習評価には主にアンケートや第三者による観察によって行われているが,観察者や回答者の状態などによって結果が変わってしまう問題がある. そこで 本研究では,集団の頭部角加速度から被験者ごとの学…
続きを読む

環境教育におけるM系列変調超音波を用いた頭部方向測定デバイスの開発と評価

現在の環境教育の学習評価法では人の主観が大きく介入してしまうため、客観的な評価手法が求められている。学習評価の指標の1つとして興味・感心が用いられており、それらは視線方向によって示すことができると考えられている。本研究で…
続きを読む