インタラクティブアートのための投影計測パターン隠ぺい方法の提案

インタラクティブアートのための投影計測パターン隠ぺい方法の提案

本研究では、カメラとプロジェクターのみを用いて、カメラの解像度が許す限りスケール可能なインタラクティブアートのための測距システムを開発する。酒井らは空間コード化法を用いて、インタラクティブアートなどのコンテンツに対して測距パターンを重畳した画像と明度を反転したカウンターパターンの画像を高速で切り替えることによって体験者が測距パターンを認識できないようにした。しかし、格子の境目にカラーブレーキングが発生する問題や、測定に時間がかかるなどの問題から実用に適していない。位相シフト法における余弦波状の測距パターンを用いることにより、格子の境目が原因であるカラーブレーキングを発生させず、また投影枚数減少により測定時間短縮も可能である。本研究ではインタラクティブアートのための手法として位相シフト法を用い、深度推定が可能であるかを検討した。

実験環境
算出した視差画像